top
スキンケアだけじゃない!ゆらぎ肌を防ぐ方法とは?

スキンケアだけじゃない!ゆらぎ肌を防ぐ方法とは?

化粧水や乳液を使ってスキンケアをしていても、肌がゆらいでしまう方は少なくありません。

ゆらぎ肌になる理由は一体何なのでしょうか?また、スキンケア以外で防ぐ方法はあるのか、こちらでご紹介いたします。

ゆらぎ肌の原因として考えられるもの

ゆらぎ肌の原因として考えられるもの

空気の乾燥

冬に肌がゆらぐのは、空気の乾燥で角層の水分が奪われてしまうからです。水分量が低下すると肌のバリア機能もダウンしてしまい、うるおいを与えてもキープすることが難しくなります。

花粉

春になる季節の変わり目は、最もゆらぎ肌になりやすいと言われる時期。寒暖差や花粉が多く飛び始める春は、冬の乾燥により弱った肌を刺激して、赤みやかゆみを引き起こしてしまうのです。

運動不足

運動不足は血流を滞らせて、栄養の巡りを悪くしてしまいます。すると、代謝が落ちて角層細胞も未熟になり、肌のバリア機能を司る細胞間脂質も減少するため肌がゆらぎます。古い角質がはがれにくくなり、ゴワつきの原因にもなるのです。

女性ホルモンの乱れ

生理前になると肌がゆらぎやすいのは、プロゲステロンという女性ホルモンが優位になることが関係します。皮脂腺が活性化し、角層の代謝を滞らせるため、吹き出物が発生しやすくなるのです。

紫外線による刺激

夏から秋のゆらぎ肌は、紫外線による刺激が大きな原因となります。紫外線は徐々にダメージを蓄積させるため、秋が訪れる頃には乾燥が進んでいることも珍しくありません。

ストレス

ストレスが溜まると自律神経のバランスを乱し、末梢の血液循環が低下することで肌再生を妨げます。精神的なストレスはもちろん、外的要因でのストレスも侮れません。例えば、黄砂やPM2.5などの付着、梅雨の湿気、温度差などが挙げられます。

スキンケアの他にも行いたい対策について

スキンケアの他にも行いたい対策について

バランスの取れた食事

ゆらぎ肌にならないよう、肌再生に役立つ栄養素をたくさん摂りましょう。特に抗酸化力の高いビタミン類は積極的に摂ることをおすすめします。サプリの活用も栄養補給に役立ちます。

質の高い睡眠

肌のゆらぎは、しっかり休んでほしいという体のサインかもしれません。成長ホルモンは睡眠中につくられますので、睡眠時間はきちんと確保しましょう。

湯船でしっかり体を温める

シャワーだけで済ませるのではなく、湯船に浸かって疲れを癒してください。体を温めることで血流がスムーズになり、肌に必要な栄養素が隅々まで届きやすくなります。

乾燥させない環境づくり

肌の乾燥がバリア機能を低下させてゆらぎ肌を誘発するため、日頃からお部屋の空気を乾燥させない工夫をしましょう。加湿器を使うのはもちろん、日中の水分補給と同様に、こまめに化粧水で肌へのうるおい補給を行うのがポイントです。

【Mayuco】では、ゆらぎ肌の方にもおすすめしたい、シルクのスキンケア化粧品を販売しています。100%天然・高品質の「天蚕」から生まれたスキンケア化粧品です。実際に使用したお客様からは、嬉しい声をたくさん頂戴していますので、関心をお持ちの方はぜひご利用ください。

ゆらぎ肌でも使用できるスキンケア商品なら【Mayuco】へ

会社名 株式会社 ファランドール
創業 2007年 7月
資本金 1,000万円
住所 〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2丁目6−3 DSM新横浜ビル3F
代表取締役 田路 亮
TEL 045-471-5888
FAX 045-471-4103
E-mail info@mayuco.jp
URL http://www.mayuco.jp/
ページのトップへ